選手ブログ

更新履歴

    バックナンバー

    選手ブログ一覧 [2020年]

    一覧

    青木 りん

    2020.04.06


    皆さん、こんにちは!
    県内の桜も見頃を迎えています。今年はなかなか外でお花見ということはできなさそうですが、家から見える桜を見ながらのんびりと、例年とは一味違う楽しみ方ができそうですね!


    新型コロナウィルスの話が出始めたのは1月のことなのに、日々更新される感染者数を見ると、もっと早く対策ができなかったのかと考えてしまいます。
    状況が目まぐるしく変化しており、私たちも、先の見えない未来に不安が募っています。毎日確かか不確かわからない情報に振り回され、ネット社会の恐さを実感します。
    自分にとって都合の良い情報だけを鵜呑みにせず、信頼できる情報源を見極めていきたいです。引き続き、対策をしっかり行っていきましょうね!


    新年度が始まり、社会人4年目の年が始まりました。いつまでも、「まだまだ未熟な私ですが...」とは言っていられません。今までの失敗や失態を反省し、次につなげる力を身につけていきたいと思います。
    今年は初めて、自分より年下の新入行員がチームに加わりました。ついついお姉さんぶりたくなってしまいます(笑)
    私自身も初心に帰り、先輩がしてくださって嬉しかったことや助かったことを思い出しながら、後輩に伝えていきたいです。思い返すとたくさんあります!


    初戦はいつになるかわかりませんが、いつになってもいいように、この準備期間にさらなるパワーアップをしたいと思います!
    気が滅入らないよう、たまには日光を浴びて、みんなで乗り越えていきましょうね!


    吉田 真希子

    2020.04.03

    いよいよ新年度が始まりました。

    Newsでもお知らせしたように、
    4月1日より新たなメンバーも加わり、チームも活気づいています。
    丁寧に時間をかけて、社会人としてもアスリートとしても成長していってほしいなと思います。

    ただ、本当に残念なのは、
    新型コロナウィルス感染拡大の影響で当面の試合が延期もしくは中止となってしまったことです。

    未曾有の世界的困難を前にし、仕方のないこととは思いますが・・やはり4年に一度の五輪イヤーを目指して、一日一日、一分一秒を積み重ねてきたアスリートたちの心境は察するに余りあるところではあります。やるせないですね。。

    この終息はいったいいつになるのか・・・
    だいたい不安というものは「先が見えない」時に感じるものです。

    ですが、止まない雨はなく、明けない夜はありません。
    そして時間は全員に等しく与えられています。
    その時間は失ったものを嘆くことにあてるのではなくて、未来のために活かしていきたいものです。

    以前、アメリカ遠征で、朝10時に最初の競技が始まるということと、その後の種目配列が書いてあるだけで、具体的なタイムテーブル未定、という大会に出場したことがあります。

    要するに自分のレースが何時にスタートするのかわからない、という大会です。笑

    そこで私はどうしたかというと、大会本部に行って、各種目のエントリー人数を聞き出し、各種目の組数を予想して、所要時間を算出し、自分のレース時間を予想しました。

    途中、10000mがまさかの男女一緒のスタートで30分ほどのずれが生じたり、いろいろズレはあったものの、修正しながら、何とか無事にウォーミングアップを済ませて、いい状態でスタートラインに立つことができました。

    いつから競技会がスタートできるのかが不透明な今、
    この時のように、様々な情報を収集して、確認して、予測して、準備していくしか、ないのだろうと思います。

    ただ少なくとも東京五輪は来年7月末から、ということは決まっています。
    そのための逆算をして、今できることをできる範囲でがんばるしかないのだろうと思います。

    スポーツ界だけではなく、皆さん、本当に息苦しい時期だと思います。
    みんなで思いやりを持ちながら、助け合って乗り切っていきたいです。

    【福島の春】
    IMG_9082.jpg

    ご近所の桜が満開でした!早い!青い空と青い山脈と桜。

    青木 沙弥佳

    2020.03.30

    早いもので、もう3月が終わろうとしています。
    特段、ものすごく忙しかったという訳ではないのですが、コロナウイルスのニュースで右往左往している間に、なんだか3月もあっという間に過ぎ去ってしまいました。

    陸上競技においても次々と大会の延期や中止が決まり、直接的な影響も出てきています。
    一先ず今は、細心の注意を払うと…そうするしかありません。
    焦らず騒がずが大事ですけど、同時に気を付けすぎるくらい気を付けて行きたいものです。

    そんなあわただしい世の中であっても、季節は関係なく進んでいきます。
    人間たちの混乱はどこ吹く風…
    昨日は本当に3月末?と思うくらい雪が降り、まさかの2019年度初の雪かきをした訳ですが、
    今日は暖かさも感じられ、気づけばちらほら桜が咲き始めていました。
    福島の桜は大体4月中旬~下旬が見ごろなので、今年は大分早いです。
    もちろん観光としてのお花見は行けませんが…身近なところで季節の移り変わりを感じられるのが嬉しいです。

    そんなこんなで、2019年度が終わり、いよいよ2020年度が訪れようとしています。
    2020年度は残念ながら東京五輪の年ではなくなってしまいましたが…
    それでも「TOKYO2020」の名称は変わらず、というニュースを聞いてちょっと安心しました。
    多くのアスリートがTOKYO2020を目指してここまでやってきました。
    来年、想いが実るよう、まずは今の事態が終息することを祈るばかりです。

    新しい年度に入れば、新たな出会いもあります。
    グラウンドには、福島大学の新入生の姿もありました。
    銀行でも、(今年は一堂に会してではなく、方部ごとに分かれてとなりますが)着々と入行式の準備が進んでいます。
    こんな時だからこそ、新たな年を迎えられる喜びを大切にしたいです。

    2020年度も、東邦銀行陸上競技部をよろしくお願い致します!

    • 大会日程・結果
    • 活動レポート
    • 選手ブログ