選手ブログ

更新履歴

    バックナンバー

    選手ブログ [吉田 真希子]

    一覧

    吉田 真希子

    2019.06.10

    福島も例年より早い梅雨入りとなり、やや肌寒い今日このごろです。

    さて、今年の日本一を決める日本選手権まで残すところ約2週間となりました。
    年に一度の大勝負に向けて、準備を重ねていく粛々としたこの時期の緊張感が私は好きです。

    一歩一歩確実に、でもギリギリを攻めて、大胆さと繊細さが入り混じり、なんともいえない空気感があります。

    日本選手権のレースをイメージするだけで、ついつい気持ちが高まってしまったり、でも今からこんなに緊張してどうするんだ、と逸る気持ちを落ち着かせようとしてみたり。

    そんな風に自分の身体と技術と心を研ぎ澄ませていく体験はなかなかできないことだったんだと、現役を退いた私は羨ましくも思います。

    日本選手権に20回出場しましたが、どの日本選手権もレースの内容だけではなく、それまでに過ごした日々や状況が鮮明に思い出せます。
    それくらい日本選手権は特別な大会なのだと思います。

    時には怪我であったり、絶不調であったり、決していい状態ではなかったこともありましたが、その中でなんとか間に合わせようと試行錯誤した時間も、今振り返れば、得難い貴重な経験だったと思います。

    最後の最後まで自分自身が考えられる限りの準備をして、勝ちに向かって、最善を尽くすことが大切だと思います。
    勝利の女神に微笑んでもらえるような日々を過ごしていきたいですね。

    さあ、今年の日本一の称号を手にするのはいったい誰なのでしょうか。
    東京オリンピックを控え、例年以上に熱気を帯びた日本選手権になると思われます。
    私自身もワクワクしています。

    東邦銀行陸上競技部からは6名の選手が出場します。
    梅雨をも吹き飛ばす熱いご声援を宜しくお願いいたします!

    【本日の一枚】
    2019610.JPG

    練習へ向かう道。
    緑が緊張感を癒やしてくれています。

    気づけば新緑の季節になっていました。
    グランドの藤の花も咲き、シーズンが始まっていることを実感します。

    福島大学陸上競技場にある藤の花は、昔のマネージャーさんが毎日水をやり、育てて、そのマネージャーさんが卒業された翌年にようやく花を咲かせたという逸話のある花です。
    毎日コツコツと続けることが開花につながるのだと伺ってからは「努力の花」と心の中で名付けています。

    ちょうど藤の花が咲く頃に東北インカレがあるので、いつも藤の花が咲くとこの話を思い出します。

    何事もそうですが、結果というのは花が咲くのと同じで、努力や行動を積み重ねて、満を持して表れるものだと思います。
    結果が出ないときは、まだ咲くだけの準備が足らなかったんだろうなと思うようにしています。

    先週は世界リレーがありました。女子マイルチームも世界選手権出場獲得に向かって奮闘しましたが、力及ばず、残念ながらその権利を獲得することはできませんでした。

    ただ、一人ひとりが世界の舞台で果敢に立ち向かっている姿は、青木がブログで書いていたように、魂を感じました。
    少なくともこの3ヶ月やってきたことが、選手の中に炎として灯っているのだと思いました。
    今日、その壁を突破できなくても、何度も何度も全力でぶち当たって、その壁を肌で感じて、また奮起して・・・その繰り返しでしか、壁を突破することはできないんだろうなと思います。
    そして今、そのぶつかるチャンスが巡ってきているという幸運をモノにしたいところです。

    今回、全力を尽くさなければ見ることができなかった世界との差を感じたことは大きな糧になったと感じています。
    そして私自身も花を咲かせるにはあと何が必要なのかをしっかり見極めていかなくてはいけないと思います。

    今週末は各地で大事な大会が開催されています。
    学生さんは東北インカレ、東邦銀行チームは東日本実業団組とセイコーゴールデングランプリ組に分かれ、各地で奮闘する予定です。

    全力を尽くしてがんばります!

    517.JPG

    グランドに咲く藤の花。

    2019.03.22

    昨日、イチロー選手が現役引退を発表しました。
    日本で9年、アメリカで19年の競技人生とのこと。
    本場アメリカで19年もメジャーリーガーとしてプレーし続けることができたイチロー選手はすごいとしか言えません。

    そのイチロー選手の引退発表記者会見は一言ひとことがズシッと深くて温かみを感じました。
    こんなにも飾らずに淡々と紡ぐ言葉の一つひとつが名言の域にあるってすごいですね。
    本当にいろんなことを、考えて、消化して、乗り越えて、野球をしてきたんだなって感動しました。

    中でも、
    「やりたいならやってみればいい。できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思えば挑戦すればいい。その時にどんな結果が出ようと後悔はないと思う」
    という一言にとても共感しました。

    現役を続けていくためには楽しいだけではなくて、苦しいことや厳しいこともたくさんあったと思います。
    でもやりたいと自分が決めて挑戦し続けたからこそ、今日まで活躍し続けられたんだろうと思います。

    登れるとわかっている山から見える景色は想像の域を超えることはないと思います。
    でも、登りきれるかどうかわからない、でも登りたいから自分で決めて登っていく、その先に見える頂上の景色はきっと今まで見たことのないような素晴らしい景色なのだと思います。

    私達も日々、高みを目指して挑戦しています。
    いろんな方々の支えの中で、自分自身の時間も労力もお金も費やして取り組んでいます。
    どんな心持ちで登っていくかで、その道中の景色も変わってくると思います。

    何のために競技を続けてきたのか。
    何のためにコーチという役割を選んだのか。

    やはり「やってみたいと思って自分で決めた」という点が一番大きかったように思います。
    そしてその思いを支えて叶えてくださる方々に出会えたことも大きな幸運でした。
    本当に人に恵まれている人生だと思います。

    これからも前に向かって、ブレずに、これからも自分の決めた道を突き進んでいこうと思います!

    【最近の空模様】
    19322.jpg

    最近、グランドから見える山々と空模様があまりにきれいなので、いつも元気をもらっています。
    自然はいいですね。

     

    • 大会日程・結果
    • 活動レポート
    • 選手ブログ