選手ブログ

更新履歴

    バックナンバー

    選手ブログ [田代 優仁]

    一覧

    田代 優仁

    2022.11.07

    皆さま、こんにちは!すっかり秋も深まりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

    この時期は日の入りが早くなり、普段練習をしている大学のグラウンドも、
    練習が終わる17時半にはすっかり真っ暗になってしまいます。
    練習後の移動でも、暗さに慣れていないこの時期は、
    車の運転で一番神経を使っている気がします。
    夕方や早朝で車などを運転する際は、
    細心の注意を払い、安全第一を心がけて行きましょう!


    さて、2022年のシーズンが終わりました。

    シーズンを通して身体のコンディションが良かっただけに、
    もう少し良い成績を残したかったな、というのが正直な感想です。

    特に今年は、自分の心理状態が結果に結びついていることを実感し、
    今思えば勿体ない試合もありました。
    これについては、トレーニングなどで鍛えることができる部分も多く、
    来シーズンまでにできる事をして改善したいです。

    その一方、コンディション調整や技術など、少しずつ成長を感じる部分もありました。
    良かったことは自分の軸に組み込んで継続しつつ、
    必要に応じて変えるべきところを変化させ、より安定感を高めていけるようにしたいです。


    10月29日には第10回ふくしまリレーズ、11月3日には第16回ももりんダッシュNo.1が行われ、
    それぞれ運営として活動しました。
    前者は陸上競技の公認大会、後者は地域イベントと性質が異なるものでしたが、
    とても多くの事を学びました。

    ふくしまリレーズでは、大会開催の準備から試合当日の審判まで幅広いタスクを行う中で、
    一つの大会を運営する難しさや、運営ならではの細かなルールや手順があることを、改めて感じました。
    前回大会も同じ立場でしたが、自分自身に余裕が無く、当日の記憶もあまりありませんでした。
    その意味では、今回は周りを見渡し、競技運営の中から色々な事を吸収できたのかなと思います。

    また、ももりんダッシュNo.1は、選手と運営の立場の違いをより強く感じました。
    4年前と5年前には選手として参加していたため、会場の雰囲気や様子は分かっていたつもりでした。
    しかし、運営の立場になってみると、
    イベントを盛り上げることや、より限られた時間での準備など、
    常に頭をフル回転させて行動しなければならず、驚くほど大変なものだと感じました。

    その中で、参加者の皆さまが一生懸命パフォーマンスしている姿を見ると、
    自然と胸が熱くなる思いになり、運営として活動することの幸せも感じる事ができました!

    この経験は今後の人生に活かしつつ、
    来年のイベントに取り組む際には、より良い競技運営ができるよう、反省もしていきたいです。


    今後は暫しのシーズンオフを挟み、重要な冬季練習を迎えます。年々、その冬季練習の期間が短く感じるようになっています。
    常に来シーズンを冷静に見据えつつ、目の前の練習には泥臭く、全力を尽くす熱い心を持って、一冬で大きく成長したいです!

    これからも、東邦銀行陸上競技部への熱い応援をよろしくお願い致します!

    皆さまこんにちは!

    先週まで続いた夏のような暑さから一転、今週はかなり涼しい気候になりましたね。暑がりの私でも、今週は長袖を着ないと寒く感じています。

    この時期は、大きな寒暖差の影響によって体調を崩すケースも多くなります。陸上競技に取り組む私たちは、気候の変化に加え、大きな試合が続く状況でもあり、身体のコンディション維持にも細心の注意を払わなければなりません。

    皆さまも体調を崩されないよう、ご自愛の上お過ごしくださいませ。


    さて、先々週は岐阜県で全日本実業団対抗選手権、先週は新潟県でアスレチックスチャレンジカップが行われ、私は400mHに出場しました。

    先々週の全日本実業団対抗選手権は、決勝進出を逃す結果となりました。

    コンディション調整は順調に進み、気持ちが舞い上がることもなく試合を迎えられました。しかし、朝のウォーミングアップから細かい事が気になり始め、レースに向けて集中力を高められませんでした。それが結果として出たのかなと思うと、とても悔しいです。
    来年の全日本実業団対抗選手権までに選手として大きくレベルアップし、結果を出すことでリベンジできるよう精進します。


    そして翌週のアスレチックスチャレンジカップは、全日本実業団対抗選手権の反省も踏まえ、多少の事があっても結果は出ると、気持ちを大きく構えて挑みました。
    結果は50秒50で8位でした。自己ベストを更新できたことは、素直に嬉しいです。
    一方で、自分の目標達成にはまだ遠く、ここから更に実力をつけなければと、身が引き締まる思いになりました。

    この期間を通して、自分の心身が更に研ぎ澄まされた感覚を得られました。
    また、考えを改めていきたいと思った点や、反対にもっと自信を持って継続すべき点などがはっきりと見つかり、今後に向けて多くの学びを得ることができました。
    来週末に控える田島記念に向けて身体の調子は維持しつつ、レースでは冷静に結果とタイムの両方を狙っていきます。


    月曜日のブログで、山内くんが地元の会津若松市について紹介していました!
    私もオフの日に何度か行きましたが、美しい景色、美味しいご飯、降り立つと感じる温かい雰囲気…、行けば行くほどその魅力に惹かれています!
    そういえば、会津若松市から新潟県魚沼市までを結ぶJR只見線が、11年ぶりに全線復旧を果たしましたね!

    旅番組などで何度か見ましたが、美しい車窓の景色や珍しい鉄道施設など、魅力がたっぷりで、乗りに行きたいと常々思っていました!
    もし、地元の皆さまだからこそ知る、おすすめスポットをご存知であれば、教えていただくと嬉しいです!
     

    シーズンも残りわずかです。全力で駆け抜けていきますので、皆さまの応援よろしくお願いします!

    皆さまこんにちは!

    前回のブログからちょうど1ヶ月が過ぎ、暑さも一段落してきました。スーパーでは美味しそうな梨やブドウがたくさん並んでいたり、日没が早くなったりと、秋の到来を実感する機会も多くなっています。

    先週から、新メンバーの山内と中村によるメンバーブログの執筆が始まりました!皆さまはご覧になったでしょうか?
    2人の、チームや陸上競技に対する熱い思いが綴られており、読んでいて心が引き込まれました。このブログではメンバーがローテーションしながら、活動の様子や心境をお伝えしていますが、日常ではなかなか話されないような、メンバーそれぞれの思いや考えが分かることや、言葉のチョイスや表現に個性が出ることも魅力だと感じています。私もこのチームに加入し、ブログを執筆し始めてから2年が経ちますが、もっと魅力的な文章で自分の思いを伝えられるように、表現力を磨いていきたいですし、それを自分の競技にも繋げていけたらと思います。

    さて、8月は青森での東北総体、山梨での富士北麓ワールドトライアルと、2週連続での試合を行いました。

    東北総体では、個人の400mと福島県選抜として出場したマイルリレーで優勝、400mハードルは2位でした。
    思い描いた記録は出せませんでしたが、レース展開が安定してきた点や、対抗戦で結果を残して福島県に貢献できたことなど、収穫が多かった試合でした!
    また、コロナ禍で試合観戦を控えていた私の家族が、3年ぶりに試合に来てくれた事も、気持ちの面で大きな後押しになったと思います。改めて家族の支えを実感したと共に、これからはもっと高いレベルの試合でも結果を出して、感謝の気持ちを伝え続けていきたいです。


    1週間後の富士北麓ワールドトライアルは、少し動きが雑になってしまい、記録を伸ばすことができませんでした。記録が出やすいと言われる競技場での試合だったので、記録を出せなかったのは正直残念でした。連戦は何度か経験していますが、多くのレースを走った試合からのコンディション調整や、連戦中でも動きの精度を維持する事など、今後に向けて改善すべき点が分かりました。

    そして昨日まで1週間の強化期間をいただき、質の高い練習に取り組みました。
    この期間を通して、動きが良くなった感覚があり、それを自分の中に落とし込むことができました。
    ここから2週間後の全日本実業団に向けて、気持ちも身体もしっかり整えていきたいです。特に気持ちの面については、昨年の全日本実業団での失敗があるので、程良い緊張感の中で高い集中力を発揮できるようにしたいです。


    今後は大きな試合が続いていきます。東邦銀行陸上競技部への熱い応援をよろしくお願い致します!

    【P.S.】
    先日の練習後に、吉田監督から柳津町名物の粟まんじゅうを頂きました!
    220905_tsrblog.jpg
    モチモチとした食感と、粟とあんこの自然な甘みが口いっぱいに広がり、とても美味しかったです! またいつか、柳津町にもドライブに行きたいです!

    • 大会日程・結果
    • 活動レポート
    • 選手ブログ