選手ブログ

更新履歴

    バックナンバー

    選手ブログ [青木 沙弥佳]

    一覧

    2016.10.07

    10月に入り、気候もすっかり秋らしくなってきましたね。
    関東では30℃越えする日もあり、秋じゃない!とお思いかもしれませんが…
    こちら福島は、昼間暑いことはあっても、朝晩はとても涼しく、そろそろ温かい寝具が欲しいなぁ…という時期です。

    秋と言えば、スポーツの秋!
    陸上に関しても、大会やイベントが目白押しの季節です。

    私たちは、9月末に全日本実業団に出場してきました。
    今回はチームとして、とても悔しい結果になってしまいました。
    私自身の走りを振り返っても、詰めの甘い所があったな、と思っています。

    でも、悪いことばかりではありませんでした。
    コンディション的に、絶好調!という訳では無かったのですが、400mも400mHも、(多分)自己3番目くらいの記録を出せたことは、決して悪いことではないと思います。

    今回は、レースの中で感覚を掴み、自分の修正点を修正できたことがシーズンベストに繋がったと思っています。
    レースの中で修正するのは、私の場合きちんと練習を積み、自信を持って臨んだときしか、それ程の心の余裕が生まれません。
    先日佐藤(若)も言ってましたが、練習は嘘をつかない。
    練習を積むことの大切さというのは、年を追うごとに深く実感しています。

    それでも400mHの最後で抜かれたことは、その分の練習が足りていなかったのだと思います。
    これはもう、練習あるのみです。


    そしてもう一つ。10月2日には、福島駅付近の吾妻通りにて、「ももりんダッシュNO.1」が行われました。
    このイベント、道路に陸上競技用の走路を敷き、ダッシュ対決をするというものです。
    私たちは毎年、運営で関わらせて頂いております。

    普段自分たちが走る走路を、普段応援して下さっている方々が駆け抜ける。
    皆、笑顔が溢れていました。
    下は2歳(!)から、上は御年57歳まで、幅広い年齢層の方が参加して下さいました。
    私たちも気づけば、頑張れ!頑張れ!と応援に熱が入ってしまいました。

    そうして運営や応援に関わると、自分たちは普段、どれだけ大きな支えの中で走っているのか、実感することができます。
    見ている人が思わず「頑張れ!」と応援してしまうような、そんな走りをもっともっとしていきたいと、決意も新たになりました。


    さて。私は今日、国体に向けて岩手に出発します。
    少々北にはなりますが、福島と同じ東北ですので、気候は似ているはず。
    地の利を活かして、勝利と更なる記録更新を目指して参ります!
     

    2016.08.29

    毎日暑い日が続いているなぁ、と思ったら、土日は急に気温が下がり、秋のような天気でしたね。
    福島に居ると毎年感じるのですが、秋という季節は本当にすぐに過ぎ去ってしまって、秋らしいなぁ、と思ったすぐ後には、さむ~い冬がやってきます。

    秋と言えば…スポーツの秋、ですよね!

    夏のうだるような暑さが過ぎ去り、爽やかな気候になると、人間エネルギーが湧いてくるのでしょうか…
    身近なところで言えば、今まで運動習慣の無かった私の母も運動を始めるとか。
    これを機に、このブログを読んでいらっしゃる方にも、是非運動を始めて頂きたいです!

    私たちにとってもシーズン後半戦、オリンピックを見て蓄えたイメージを発揮する時です。
    先日の東北選手権では、それぞれ良いところも、悪いところもあったと思います。
    私もシーズン前半は出遅れましたが、秋のシーズンでは、何かしら一つでも努力が実を結ぶよう…と思っています。

    まずは9月末の全日本実業団です。
    チームとしての総合力が試される試合でもあります。
    残念ながら、近頃は秋のシーズンの試合数が減ってきています。
    (私が大学4年生のときは、秋にもグランプリシリーズ等があり、10週連続試合なんてこともありました)
    だからこそ、一レース一レースを大切にしていきたいです。

    話は変わりますが…先日、秋田の大曲で花火大会がやっていましたね。
    私は見に行ってはおりませんが、たまたまテレビをつけたら中継をやっていたので、軽い気持ちで見始めたのですが…
    結局最後までずっと魅入ってしまいました。

    圧巻の一言でした。
    この花火大会では、大会側が準備したプログラムもあります。
    それに加え、各地から作品の応募があり、その中から賞が選ばれるという部門があります。
    応募者に課せられた課題は二つあって、一つは、一発の花火。
    もう一つは、曲などに合わせて沢山の花火を打ち上げるプログラムです。

    一発の花火は、一瞬で終わります。
    けど、その中にも個性があり、驚くべき技術があり、職人さんたちの心意気をひしひしと感じました。
    プログラムの花火は、曲も相まって、何とも形容できないくらい深く感銘を受けました。

    そして私たち陸上選手も、一瞬の勝負ですので、共感を覚えました。
    この一瞬の輝きのために、日々こつこつと頑張っていらっしゃるんだなぁ、と…

    花火のように輝けるよう、一日一日を大切にしていきたいと思います!

    近頃は随分夏らしい気候も増えてきて、
    夏本番!という感じがしますね。

    と言いつつも、福島は朝晩涼しい日も多く…
    西日本出身の紫村や新宮と、「信じられないくらい涼しいね~」とお話ししています。

    さて、田嶋のブログにもありましたが、先日福島県選手権が行われました。
    私は400m、400H、4×100mRの3種目に出場しました。

    怪我の影響でシーズンインが遅れ、私にとっては、記録会も含めれば3試合目となるレースでした。
    今回は木曜日にリレーの予選、金曜日に400mHの予選決勝、土曜日に400mの予選決勝とリレーの決勝…と、中々ハードなスケジュールでした。
    単純に結果だけを見れば、3種目とも優勝することはできました…が。
    記録的には全く満足いくものではありませんでしたし、ラウンドを踏むことによる疲労に対する耐性がなくなっているなぁ、という印象でした。

    冬に十分練習を詰めなかったことが、こうして出てくるのだなぁ、と身をもって実感しています。

    ただ、全く収穫が無かった訳ではありません。
    全体的に落ち着いたレースができたことは、今回の収穫です。
    しかし、思い切りは足りなかったなぁ、と思います。

    思い切ったレースをするには、やはりしっかり練習を積んで、自信を付けることが大切だな、と思います。
    今回の県選手権を終え、記録会などを除いた次の試合は、東北選手権です。

    日本選手権では思うような結果が残せませんでした。
    だからこそ、という訳ではありませんが、県選手権や東北選手権など全国レベルでない大会であっても、きちんと自分の強さを発揮できる、そんなレースをしたいなと思っています。
    千里の道も一歩よりです。
    私たちは人間ですから、一歩一歩歩くことしかできません。
    焦らず着実に、一歩を踏み出していきたいです。

    この夏は、しっかりと底力をつける夏にしたいな、と思います。

    さてさて、前回のブログで載せたバジル。
    夏を迎え、随分大きく成長しました。
    KIMG2912.jpg
    こんなに大きくなると思っていなかったのでびっくりです。(笑)
    近寄ると、すごく良いバジルの香りがします。
    (伸びている部分は枝を増やすためにカットしています)
    先日料理にも投入しました!

    私も植物に負けないよう、こつこつと成長していきたいと思います!

    • 大会日程・結果
    • 活動レポート
    • 選手ブログ