選手ブログ

更新履歴

    バックナンバー

    選手ブログ一覧

    みなさん、こんにちは。


    日がのぼっている時間も少しずつ長くなり、
    今年は雪もほとんど積もることもなくとっても過ごしやすいですね。
    毎年雪が積もると真っ白でどこに段差があるのかわからなかったり、
    凍ってるところがわからず滑ることもありいつもドキドキしながら歩いていたので私にはありがたいです!


    あっという間に2月になり、だんだんシーズンも近くなってきます。
    体調を崩したり、怪我をしたりしないように気をつけたいと思います。


    今年は東京オリンピック・パラリンピックがあります。
    2020年の私の目標は、400mで57秒台はもちろんのこと56秒台に近づけるようにすることです。
    こうして57秒台や56秒台を目標にしていますが、
    レベルが上がるにつれてタイムをを縮めるということは決して簡単なことではありません。
    ですが、簡単なことではないからこそその目標を達成するために挑戦をしていきます。


    2019年の世界パラ陸上400m決勝で一緒に走った選手の中には自己ベストが56秒台前半という選手もいて、その世界パラ陸上の400mでは私の前で3人がゴールをし、
    4位となりメダルに届かなかった悔しさはすごく、そして力の差を痛感しました。


    挑戦をして人は成長します。
    成長をするためには、挑戦をしなくてはいけません。
    挑戦は、自分が変わることを目的として危険や失敗を恐れず、困難なことに立ち向かうことをいうと私は思います。


    今、こうして大好きな陸上をさせていただいていることは本当に幸せです。
    「自分ならきっといける!」と自分を信じてスタートラインに立てるよう、
    これからも1日1日を大切に、試合で記録を出せるよう新しいことに挑戦をしたり、課題をクリアするまで諦めずに何度も何度も繰り返しし世界のトップレベルの選手と闘えるようにしっかり頑張りたいと思います!


    2020年もよろしくお願い致します!!

    みなさん、こんにちは!

    新年を迎え、あっという間に1ヶ月が過ぎようとしています。
    今年の冬は例年になく、暖冬で雪が全く降らないですね!
    外で練習している私たちにとって、とても嬉しいことです。
    お正月に実家に帰った際は、25年間生きてきてこんなに雪がないことはあっただろうかと思うほど雪が積もっていませんでした!
    雪が無いお正月は珍しく、とても不思議な気持ちになりました(笑)

    さて、世界中では新型コロナウイルスが流行していますね。
    中国の方を初め、世界中の人々がこのウイルスで苦しんでいます。
    ウイルスだけではなく、患者を対応している医療関係者の苦労や人種差別的な問題、物資の問題などさまざまな問題が起きているようです。

    そういったニュースを毎日見ると心苦しさと、これからどうなってしまうのだろうと不安になります。

    早くこの騒ぎがおさまってほしいと願いつつ、このような環境の中で、微力ながら自分にできることをしていけたらいいなと感じました。

    私自身も人一倍体調管理に気をつけなければいけないので、いつも以上に気を引き締めて予防していきたいと思います!
    みなさんもお気をつけください。


    もうすぐ、また沖縄に合宿に行かせていただきます。
    冬季練習も残り約2ヶ月ほどになりました。
    シーズン一発目でしっかり走れるように、少しずつスピードレベルをあげていき質のある練習ができるようにしていきたいと思います。

    実りのあるシーズンになるように地道にコツコツと頑張ります!

    皆さんこんにちは!
    昨日空を見上げたら、飛行機雲が一直線に伸びていました。飛行機雲がなかなか消えずに空に残るのは、上空の大気の水蒸気が多いことを示していて、天気が下り坂になるサインだそうです。今週は久しぶりに雪が積もるかもしれません!対策をしっかりしたいと思います。


    先日、福島大学トラッククラブの餅つきがありました。
    私たちが練習している傍ら、トラッククラブのお父さんお母さんたちがせっせと準備してくださり、練習がひと段落してから私たちもつきたてのお餅をいただきました。あんこ餅、きなこ餅、磯辺餅、お雑煮など、どれも練習で疲れた身体に沁み渡る美味しさでした。周りを見渡すと子どもたちから大学生、大人まで、お餅を伸びーっとさせながら笑顔が溢れています。しかも見上げればとびきりの青空ですので、数倍美味しく感じました。大変美味しくいただきました!ごちそうさまでした。


    幼い頃、そういった「大人が準備して子どもは楽しむ」といった行事が、クラブチームや地区の集まりでよくありました。子どもはその日をわくわく楽しみにしていたし、当日はそれはもう最初から最後まで声が枯れるのではくらいにわーきゃー笑っていましたが、こうして子どもといえない年齢になって初めて気づくことがありました。
    それは、無邪気に笑う姿は見る人も元気にさせるのだということです。
    言うなれば、子どもは全力で楽しむことが仕事といったところでしょうか。元気な笑い声や笑顔は、周りを明るい気持ちにしてくれます。餅つきだけでなく、花見や芋煮会など、トラッククラブは季節の行事を大切に楽しんでいる印象があります。私たちは食事をいただくだけでなく、子どもたちから元気なエネルギーをもらっているのだなと今回改めて感じました。


    トラッククラブの皆さんからいただいた元気パワーで、明日からの練習も寒さに負けず頑張っていきたいです!

    • 大会日程・結果
    • 活動レポート
    • 選手ブログ